SNS広告、Facebook広告、Twitter広告、Instagram広告、LINE広告

SNS広告運用なら京都のWEBマーケティング会社のオーパスプランへご相談ください。

SNS広告、Facebook広告、Twitter広告、Instagram広告、LINE広告

SNS広告ではウェブ広告とは違った訴求効果を発揮してくれます。

SNS広告では、ユーザーの登録している基礎情報に合わせて広告の配信が可能であるため、狙ったターゲット層に広告を届けやすいという強みがあります。

 

そのため、リスティング広告などWEB広告がある中で、SNS広告も注目されるようになっています。

 SNS広告

SNSの配信面を利用して、自社商品・サービスの宣伝を行うことをSNS広告といいます。

また、拡散性の強いSNSならではの特性もあり、効果的なWebマーケティング手法として注目されるようになりました。

 

SNS広告の最大の特徴は、正確なターゲティングを行うことができることです。

その理由は、SNSを利用するユーザーは、自分の基本的なプロフィール(年齢や居住場所や趣味)を記載するため、その情報に合わせてターゲティングが可能になります。

 

広告の中でも、数万円程度から出稿できる リスティング広告やSNS 広告など「運用型 広告」とよばれる 広告手法を検討しているという担当者もいるのではないでしょうか。

 

しかし、「 リスティング広告」と「SNS 広告」は得意とする訴求方法が大きく異なるのです。

 

 リスティング広告とSNS広告の比較

リスティング広告の特徴

リスティング広告は、 検索結果に表示される 広告です。そのため、 ユーザーは能動的に検索という行為を通じて 広告に接触することになります。それは、「悩み」の場合もあれば「商品名を指名でリサーチ」している場合もあります。必然的に何らかの解決策や情報を期待して検索していることが多くなるため、顕在層に向けた 広告出稿に向いている 広告と言えるでしょう。

 

SNS広告の特徴

SNS広告の特徴は何といっても「ターゲティング精度の高さ」です。 SNSを利用しているユーザーは自分のプロフィール(地域や性別、職業や趣味など)を登録しているため、それらの情報をもとに詳細なターゲティングをすることができます。 そのため、ターゲットとなる情報集段階の潜在顧客層への認知拡大を図ることができます。

一方で、SNS 広告は、 ユーザーのタイムライン上に 広告を表示させられるという特徴を持っています。もちろん、 検索結果やハッシュ タグを通じた能動的な ユーザーに向けた 広告出稿も可能ですが、あくまで通常のタイムラインを流し見る中に、自然と広告を溶け込ませることができるのがSNS 広告の特徴です。

 

そのため、何らかの悩み解決や情報を探している ユーザーではなく、何気なくSNSを利用している ユーザー、つまり潜在層へのアプローチに適しているのです。

 SNSの「運用」と「広告」の違い

SNSでは、通常の アカウントの投稿などを行う運用と、 広告運用の2種類があります。どちらも投稿をタイムラインに表示させるという点では同じですが、 広告出稿をする場合、通常の運用と 広告ではどのような違いがあるのでしょうか。

 

SNSの通常運用の場合、 Facebookの場合は自社の Facebook ページに「いいね」や「フォロー」をした ユーザー、ツイッターの場合は Twitter アカウントのフォロワーに表示されます。そして、投稿をみた ユーザーによって拡散が広がるという性質があります。

 

SNS 広告の場合、 ユーザー属性や居住地、趣味嗜好などに合わせてターゲティングでき、自社の広告とマッチする ユーザーのタイムラインに 広告を表示させられるのです。その場合、必ずしも「いいね」や「フォロー」の必要はありません。

 

つまり、フォロワーの獲得や、拡散を狙わなくともSNS 広告を用いることで、ターゲットした ユーザーに自社の投稿を表示させられるのです。

 

両者は、どちらが優れているというものではなく、運用の目的が異なります。どちらか一方ではなく両立させるのが理想的と言えるでしょう。

 Facebook広告

信頼性の高い個人情報に基づいた、精度の高いターゲティングが可能

Facebook広告は、他のSNS広告に比べてターゲティング精度の高さが優れています。実名登録が必要なFacebookでは、氏名のみならず年齢や住所などの個人情報から、職業や興味関心のあるコンテンツまで細かな情報が登録されています。

それらの情報をもとに、ターゲットとなるユーザーに的確な広告を配信することができます。

 

Facebook 広告の特徴は、ターゲティングが詳細に設定できる点です。 Facebookの特徴である実名制SNSという特色を活かし、 ユーザーが登録したプロフィールに合わせて、男女、年齢、居住地や趣味嗜好、そして既婚や未婚、大まかな職業(例: デジタルマーケティング職)などを設定することができます。

 

Facebookは基本的に実名登録となっており、ユーザーの居住地域、年齢、性別、言語などを登録するため、配信設定を絞り込むことによって、よりターゲティング精度が高めることができます。

 Instagram広告

若い女性向けのマーケティングにおすすめ

他のSNSに比べて圧倒的に女性比率が高いInstagramでは、女性向けの商材やサービスの広告に適しています。

利用者で最も多いのは10代~20代の女性です。そのため若年層が関心のあるアパレルや美容、旅行関連のマーケティング活動で効果を発揮します。

 

Instagram内のストーリーズという機能への出稿も可能です。この機能はストーリーズの投稿の間に差し込まれるため広告として認識されにくく、自然な流れでユーザーに向けて宣伝されます。そのためユーザーに対してあまりストレスのない形で配信することができます。

 

Instagram 広告は、 Facebook 広告とほぼ同様に広告を出稿できます。なぜなら、Instagramは Facebookの傘下のサービスであり、同一の管理画面( 広告マネージャ)から キャンペーン設計が行えるためです。画像投稿SNSのタイムラインに 広告を出稿できるため、その他のSNS 広告や リスティング広告とくらべて視覚的な訴求を行いやすい商材と相性が良いという特徴があります。

 

画像を掲載する 広告として ディスプレイ広告もあります。これは先に リスティング広告とSNS 広告の違いという点で解説したとおり、検索 キーワードを元に表示される 広告であり、タイムラインに表示させられるInstagram 広告では潜在層・顕在層と訴求できるターゲットが異なります。

 Twitter広告

10代20代の利用者が多く、拡散力が最も高い

他のSNSと比較すると10代20代の学生の利用者が多く、若年層へのアプローチに効果的です。

Twitter広告はTwitterユーザーがツイート広告に対して最初に行ったクリックやリツイート、フォローなどの行動(エンゲージメント)に対して課金が発生します。そのため、ツイート広告の表示自体には料金が発生しません。

 

また、リツイートなどで拡散された広告に対するエンゲージメントや、一人のTwitterユーザーが同一の広告に対して行った2回目以降のエンゲージメントに対しては課金が発生しないため、2次拡散による高い費用対効果を期待することもできます。

 

Twitter 広告は特定の キーワードをツイートした ユーザーや、特定のユーザーをフォローしているユーザーのタイムラインに 広告を表示させることができます。

 

また、匿名性の高いオープンなSNSという特色があるゆえ、趣味嗜好や特定のトレンド キーワードに合わせた出稿に適しているといえるでしょう。ターゲットを絞りこむという点では、 Facebook 広告や リスティング広告が優れていますが、投稿が拡散した際の波及力に強みを持っているため、潜在層へのアプローチに適しています。

 LINE広告(LINE Ads Platform)

高い認知度とアクティブ率

2016年6月に登場した4つのSNS広告の中でも最も新しいSNS広告です。

LINEは他のSNSに比べ国内ユーザー数が最も多く、老若男女問わず幅広い年代に使用されています。また日常的に家族・友人間でのコミュニケーションツールアプリであるためアクティブ率が高く広告も閲覧する機会が多いと言えます。

 SNS広告を利用する際に気を付ける点

SNS広告を活用する際に不十分な知識のまま広告作業を行っても十分な効果は得られません。皆様に注意していただきたい点についてお伝えしたいと思います。

1.ターゲット・目的・内容を明確にする

あやふやなまま広告活動をしてしまうことで、せっかくユーザーが宣伝を目にすることがあっても見ただけで終わってしまい、行動には繋がりません。「誰に」「何を」「何のために」広告を就航するのかを明確にすることでユーザーにとって分かりやすい広告になります。また、これらが明確にあると「どのSNS広告を活用すればよいのか?」も検討しやすくなります。

2.SNS広告の規約を守る

各SNSには広告運用する際に関連する規約が設けられています。仮に違反した場合、強制的に配信の停止をさせられる可能性もあります。そのため必ず確認をして広告運用をするようにしましょう。

目的に応じて広告を使い分けることが重要です。

「 リスティング広告」か「SNS 広告」かのように、手法だけに囚われて選択するのは避けたいところです。

 

この記事で解説してきたように、 リスティング広告もSNS 広告も「運用型 広告」であるため、運用の核となるリアルタイムで運用することが重要です。ただし、プラットフォームごとに異なる特徴やユーザーの傾向を理解し、訴求しやすいターゲットの違いを理解した上で選択しましょう。

 

もちろん、 マーケティングの段階に応じて全ての広告を適切なタイミングで運用することがベストですが、自社で捻出できる広告費にも制限があるはず。そのため、「潜在層の認知獲得」や「顕在層向けの購買獲得」のように、自社がいま取り組むべき目的はなにか、今一度考えてみてください。

Facebook 広告規約 https://ja-jp.facebook.com/policies/ads

Instagram広告規約 https://help.instagram.com/179379842258600

Twitter広告規約 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/twitter-contest-rules

LINE Ads Platform利用規約 http://ad-center.line.me/mediaguide/?contents_type=35&pageID=2

広告運用代行サービスの流れ

 

――――――――――――

お問合せ

――――――――――――

 

①お打合せ・要件確認

現状の課題・目標を確認し、お客様の予算を基に最適なプロモーションをご提案させていただきます。


②ご契約・お申込書の記入

ご提案に納得いただき、サービス開始のご契約にあたりWEB広告申込書を記入いただきます。


③サービス開始前ヒアリングシートのご提出

お打合せのヒアリングに漏れがあると、最適な広告運用に支障をきたすかもしれません。それを防ぐために再度ヒアリングシートにおいて現状の課題や目標、お客様の商品・サービスの特徴・強みを整理してご提出いただきます。


④アカウント構築

サービス開始前ヒアリングシートを基に、まずアカウントの構築を行います。キャンペーン全体を最適な形で構築し、またしっかりとPDCAを回すことができるように、広告運用のしやすさを意識していきます。目安として5~10営業日頂きます。


⑤キーワード精査・選定

アカウント構築と同時に広告出稿するキーワードも精査していきますが、ここでご提出していただいたヒアリングシートが重要になってきます。

アナリティクスやサーチコンソール、過去の広告運用状況などを参考にし、CVにつながるキーワードを探ります。


⑥クリエイティブ作成

広告出稿・運用には広告文やバナーが欠かせません。ターゲットや出稿キーワードに合わせたクリエイティブ案を作成し、PDCAを回しながらCTR・CVRの改善を図っていきます。


⑦運用開始・各種改善

運用開始の準備が整ったら、最後に数値がきちんと計測できるかテストを行います。そして、お客様に内容をご納得いただいた上で広告出稿を開始となります。出稿後は、数値をみながら調整、改善を加えていきます。


お問合せ